釣り用語

鯛カブラ(タイラバ)

投稿日:

鯛カブラとは専用の扁平の丸い重りにラバースカートとネクタイと呼ばれるひらひらのついたルアーで漁具を元にルアー化された。その名の通りマダイを狙うルアーである。

一般的にこのような形をしているものが多く、割とたくさんカラーが選べるのでその時にあった色を使って釣る。

岸から投げて釣る用のものも発売されておりそれもよくつれるが基本的に船からの釣りに使われる。

釣り方はいたって簡単で船から下投げで20~30メートル前方へ投げ、底まで落とした後ただひたすら巻き続けて底から30メートルほど巻き上げたらまた落とすという釣り方でつれる。

合わせは行ってはならずアタリがあったとしても一定速度で巻き続ける必要がある。基本的に向こう合わせのつりとなる。

マダイを狙う釣り方だが、釣れる魚はマダイに限らず、ヒラマサ・ブリ・シーバス・トラフグ・ホウボウなど多種多様な魚が釣れる。

自作も可能で市販のものでは中々乗らずイライラするアタリも自作で針の糸を長くすることで簡単にヒットするルアーになる。簡単に作れるので挑戦して欲しい。

-釣り用語
-,

Copyright© 釣り用語集「釣活」 , 2020 AllRights Reserved.