釣り用語

ベイトフィネス

投稿日:

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。

ベイトリールは通常そのトルクフルな巻きから重いルアーを投げるものであった。さらに昔はリールの性能があまり良くなく、小さな軽いルアーはほとんど飛ばなかった。だが、今は超超ジュラルミンの浅溝スプールなどものすごく発達したため、小さな軽いルアーが飛ぶようになった。そのため、ベイトフィネスというものが産まれたのである。

ベイトフィネスの利点。
ベイトフィネスの利点はスピニングタックルで起こりがちな糸よれが発生しづらいため、スピニングリールのように3ポンドというレベルのラインの細さまで下げる必要がない。6~8ポンドというやや太目のラインで軽いルアーを投げるということが可能なのでそれなりに根の粗い場所でも攻めることが出来る。だから、これまで取れなかった魚を取ることが出来るようになるのである。

ベイトフィネスが活躍する場所はブラックバス界だけではない、海がベストフィールド。それなりに大き目の根魚を狙うにはパワーのあるタックルが必要であり、ちょうどベイトフィネスが活躍する。ガシラやアコウ、アイナメなどベイトフィネスでテキサスリグを使ってみるといいと思う。

スポンサーリンク



-釣り用語

Copyright© ルアーフィッシング入門の「釣活」 , 2019 AllRights Reserved.