釣り用語

ブレイク・かけ上がり

投稿日:

ブレイクとかけ上がりは同じ意味の言葉で水中にある斜面のこと。

主に岸に近づくにつれ、浅くなるように斜面が出来ているが、その斜度が重要。
魚は同じ水深を斜面に沿って回遊するのでかけ上がりを見つけ、ひたすら回遊を待つ釣り方をすると良く釣れることがある。

遠浅で急に一気に深くなるブレイクがあるがこれはドロップオフと呼ばれ、水中に影(シェイド)を生み出すため夏などに非常に魚が良くたまる時がある。

基本的にブレイクの攻略法はブレイクに対して斜めにハードルアーを打ってゆく釣り方が効率がよく、おすすめルアーはバイブレーション・クランクベイトなど。
魚のポジションが5メートルより深い場合はディープクランクか、スピナーベイトのスローロールで攻めるのが良いが、夏ならポッパーを使用すると5メートルラインから飛び出すことがある。

スポンサーリンク



-釣り用語
-

Copyright© ルアーフィッシング入門の「釣活」 , 2019 AllRights Reserved.