釣り用語

ウキ

投稿日:

魚の当たりをみるため、仕掛けを中層に支持するため、思い通りの場所まで仕掛けを流すために用いるアイテム。

棒ウキ

棒ウキの写真
棒状のウキで先端部のみ水面から出る構造で繊細なアタリの出る釣りに向く。ヘラブナ釣りのウキが好例で、水中のえさの状態から魚の活性などを手に取るように読み取ることが出来る。
デメリットは棒ウキを立たせるための調整が難しく、目盛の読み方はかなりの実績を積まないと読み取れない。浮き自体の値段も非常に高価。

玉ウキ


球状のウキで繊細な重りの調節が必要ないため初心者でも扱いやすい。繊細なあたりは取れないが雑魚なら問題なく釣れる。

誘導式のウキと固定式のウキがあり初心者はゴム管に差し込むタイプの固定式のウキを使うことをオススメする。

ただ、ウキという道具は本当に色々なものがあり、釣る魚種によってウキの種類は数限りなく存在するためここでは書ききれない。

-釣り用語
-

Copyright© 釣り用語集「釣活」 , 2020 AllRights Reserved.