釣り用語

インターライン

投稿日:

インターラインとはその名の通りロッドの中をラインが通る竿のことである。

メリットとして、ガイドが無いためにガイドにラインの絡むトラブルがゼロになる。
風の強い日のエギングなどはラインがよく絡むので非常に大きなアドバンテージとなる。
さらに、ロッド全体がガイドの役目をするのであたりは非常にわかりやすくなる。やり取り時やアクション時のロッド操作もうまく伝わるので操作性は抜群となる。

デメリットとしては技術力が無いと作れない竿であるためモデル数は少なく、値段も高価なものとなってしまう。
ワイヤーを使用して糸を通すのだがこのワイヤーを家に忘れると釣りが出来ない。抵抗が増すので飛距離は幾分犠牲となることなどがあげられる。

-釣り用語
-

Copyright© 釣り用語集「釣活」 , 2020 AllRights Reserved.