サイトロゴ

インターライン

インターラインとはその名の通りロッドの中をラインが通る竿のことである。

メリットとして、ガイドが無いためにガイドにラインの絡むトラブルがゼロになる。
風の強い日のエギングなどはラインがよく絡むので非常に大きなアドバンテージとなる。
さらに、ロッド全体がガイドの役目をするのであたりは非常にわかりやすくなる。やり取り時やアクション時のロッド操作もうまく伝わるので操作性は抜群となる。

デメリットとしては技術力が無いと作れない竿であるためモデル数は少なく、値段も高価なものとなってしまう。
ワイヤーを使用して糸を通すのだがこのワイヤーを家に忘れると釣りが出来ない。抵抗が増すので飛距離は幾分犠牲となることなどがあげられる。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
SiC(エスアイシー)ガイド

SiC(エスアイシー)ガイドとはガイドのリング部分の素材のことでシリコンカーバイト製のもののこと。 特長としては 熱伝導率が著しく高いことでラインへの負担を減らす ダイヤモンドの次に固いと言われる耐摩耗性で素材として強い […]

no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよいSiCが多く使われてきたのだが新素材として登場したのがトルザイトである。 トルザイトの特徴としてはSiCと比べて軽く薄 […]

no image
Kガイド

KガイドはPEラインにつきものだったガイドへのラインがらみを減らす特殊な形状をしたガイド。 2009年ごろから普及し始めて最近はかなりコストパフォーマンスの良いモデルにも搭載されるほどの人気となっている。 PEラインを主 […]

no image
レバーブレーキリール(LB)

レバーブレーキリールとは逆回転防止装置(アンチリバース)をレバーによって操作できるスピニングリールのこと。 レバーを引くとハンドルが逆回転してラインがフリーで出てゆくためラインがたるむ。こうすることで突発的な魚の引きでラ […]

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベイトリールは通常そのトルクフルな巻きから重いルアーを投げるものであった。さらに昔はリールの性能があまり良くなく、小さな軽 […]