サイトロゴ

シンキング⇔フローティング

ルアーにはフローティング、シンキング、サスペンドがあり、それぞれ浮くルアー、沈むルアー、水中に漂うルアーとなる。

フローティングは浮くルアーで素材が軽いルアーはフックやウェイトをつけても止まった状態で水面を漂う。多くのものは巻くと潜るがトップと呼ばれる水面を泳ぐルアーもある。

フローティングのルアーにもハイフロート系のルアーと素材的にゆっくり浮くスローフローティングの物があり状況によって使い分けることが出来る。

ハイフロート系の素材はボーン素材と呼ばれる白いプラスチックだったり、バルサと呼ばれる非常に軽い木材だったりする。こういった素材は動きがキビキビしていてアピール力に長ける。クランクベイトなどの素材によく使われる。

シンキング

シンキングというのはフローティングの反対で沈むルアーのことである。

カウントダウンというメソッドが使えるのがこのルアーの特徴で、水深のあるエリアなどでは有効である。
カウントダウンというのは底まで沈むのに何秒かかるかを数えておき、仮に43秒かかったとして、その水深が20メートルの場合10メートル付近を攻めたければ単純に21.5秒沈めた状態でリールを巻き始めればよいということだ。10秒しか沈めなかった場合は約5メートル付近を狙うことが出来る。
countdown

カウントダウンメソッドだけが重要なわけではなく、シンキングの方がフローティングよりも重量があるため、飛距離が稼げることや、重量があるためフローティングのルアーよりも落ち着いた動きになるなどの特長があるので同じルアーでもフローティングバージョンとシンキングを使い分けることで釣果を伸ばすことが出来る。

シンキングかフローティングかを店先でどう判断するかというとパッケージにFと書かれている物がフローティング、逆にシンキングタイプはSとかかれている。
ちなみにサスペンドタイプはSP。他にもSS(スローシンキング)、SSS(スーパースローシンキング)などメーカーによって表記が異なることもある。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
サーモクライン

サーモクラインとは夏などに温められた水が表層にたまり、冷たい底の水と明確な温度差が生まれる場所がある。それをサーモクラインと呼ぶ。 暑いのは魚にとって過ごしづらい場所となる。だからと言って下の水は過ごしやすいかというと酸 […]

no image
ターンオーバー

ルアー釣りにおいてターンオーバーとは秋などに起こる、底の水と表層の水が入れ替わる現象のことを言う。 この現象が起こると酸素の少ない底の水が表層に上がるため全体的に酸素量が減り、魚の活性が著しく下がる。 原因は冷たい空気に […]

no image
ボディーウォーター

湖など止水のように見える場所でも流れはある。その流れの本流をボディーウォーターと呼ぶ。琵琶湖では湖流と呼ばれ、釣りをする上での重要なファクターとなる。 ボディーウォーターによる流れは活性をあげるため流れが当るエリアは魚が […]

no image
二枚潮

二枚潮(ニマイジオ)とは海面と海底で流れる方向の違う潮のこと。 一般的に釣り辛く、釣れない時のいいわけに使われる。 海の流れは場所により微妙に異なり、流れが巻き込まれて反転したりしてこういった流れが発生する。 この境目が […]

no image
青潮

青潮とはプランクトンが発生しすぎ、水中の酸素が消費されすぎた結果、無酸素状態となり発生した硫黄化合物により、何も住めなくなってしまった状態。 夏の湾奥で発生しやすく、風で表層の水が流されてしまった時に海底に溜まった無酸素 […]