サイトロゴ

二枚潮

二枚潮(ニマイジオ)とは海面と海底で流れる方向の違う潮のこと。

一般的に釣り辛く、釣れない時のいいわけに使われる。

海の流れは場所により微妙に異なり、流れが巻き込まれて反転したりしてこういった流れが発生する。
この境目が海面に出てきたところが潮目と呼ばれる状況で、魚がよくつく好スポット。

このことから二枚潮の境目は良く釣れる部分ということも言える。
この部分は海底、海面などのように小魚を追い詰める壁となるのが要因。

二枚潮よりも複雑な三枚潮、四枚潮などもある。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
サラシ

波が磯などの岸壁にぶつかり泡となり、水面を覆っている状態をサラシと呼ぶ。 サラシは日光を遮断する大きなストラクチャーとなるため、魚の格好の隠れ家となり、この中でエサを捕食する。 特にヒラスズキ釣りにおいてサラシがあるのと […]

no image
シンキング⇔フローティング

ルアーにはフローティング、シンキング、サスペンドがあり、それぞれ浮くルアー、沈むルアー、水中に漂うルアーとなる。 フローティングは浮くルアーで素材が軽いルアーはフックやウェイトをつけても止まった状態で水面を漂う。多くのも […]

no image
離岸流

離岸流とは砂浜などで、打ち寄せる流れの反対に沖へ流れ出す流れのこと。 サーフで釣りをする上で、離岸流というのは非常に重要なストラクチャーとなり、この周辺がフィッシュイーターたちの餌場となる。 離岸流の見分け方は難しいが、 […]

no image
ターンオーバー

ルアー釣りにおいてターンオーバーとは秋などに起こる、底の水と表層の水が入れ替わる現象のことを言う。 この現象が起こると酸素の少ない底の水が表層に上がるため全体的に酸素量が減り、魚の活性が著しく下がる。 原因は冷たい空気に […]

no image
サーモクライン

サーモクラインとは夏などに温められた水が表層にたまり、冷たい底の水と明確な温度差が生まれる場所がある。それをサーモクラインと呼ぶ。 暑いのは魚にとって過ごしづらい場所となる。だからと言って下の水は過ごしやすいかというと酸 […]