サイトロゴ

スティンウォーター

スティンウォーターとはクリアウォーターよりも濁っていて、マッディーウォーターほどは濁っていると言えない状態の水色のこと。

クリアウォーターだとルアーが見切られ難しい状況であることが多く、マッディーウォーターだと魚の居場所がつかみにくいことがよくあるが、スティンウォーターだとそれらに比べて釣りやすい。

一般的に、雨が降り濁りが入り全域がマッディーウォーターになる。その後落着き徐々に水の色が澄んで来てスティンウォーターになることが多い。

あまり、最初からスティンウォーターでずっとそのような状況を保ち続けている場所は見られない。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
サラシ

波が磯などの岸壁にぶつかり泡となり、水面を覆っている状態をサラシと呼ぶ。 サラシは日光を遮断する大きなストラクチャーとなるため、魚の格好の隠れ家となり、この中でエサを捕食する。 特にヒラスズキ釣りにおいてサラシがあるのと […]

no image
ターンオーバー

ルアー釣りにおいてターンオーバーとは秋などに起こる、底の水と表層の水が入れ替わる現象のことを言う。 この現象が起こると酸素の少ない底の水が表層に上がるため全体的に酸素量が減り、魚の活性が著しく下がる。 原因は冷たい空気に […]

no image
離岸流

離岸流とは砂浜などで、打ち寄せる流れの反対に沖へ流れ出す流れのこと。 サーフで釣りをする上で、離岸流というのは非常に重要なストラクチャーとなり、この周辺がフィッシュイーターたちの餌場となる。 離岸流の見分け方は難しいが、 […]

no image
ボディーウォーター

湖など止水のように見える場所でも流れはある。その流れの本流をボディーウォーターと呼ぶ。琵琶湖では湖流と呼ばれ、釣りをする上での重要なファクターとなる。 ボディーウォーターによる流れは活性をあげるため流れが当るエリアは魚が […]

no image
青潮

青潮とはプランクトンが発生しすぎ、水中の酸素が消費されすぎた結果、無酸素状態となり発生した硫黄化合物により、何も住めなくなってしまった状態。 夏の湾奥で発生しやすく、風で表層の水が流されてしまった時に海底に溜まった無酸素 […]