サイトロゴ

カニ

カニとは4本の足と2本のハサミを持つ甲殻類のことである。

釣りにおいては、エサとしてチヌ釣りによく使われる。タコつりのエサもカニがよく使われる。

チヌやタコだけでなく、アイナメやスズキ、カサゴやメバルなど様々な魚のえさとなり、防波堤などでは上からカニが落ちてくるのを待ち構えているので落としこみでよくつることが出来る。

ルアーではカニの形をしたルアーも売られているようにカニパターンと呼ばれる釣り方が存在する。
底を土煙を上げながら引きずっていく釣り方でチヌやシーバスが簡単に釣れる。Mリグとも呼ばれ、チヌのルアー釣りでは定番となっている。

防波堤で釣りをしているとワタリガニが泳いでいるのを見ることがあるがこれは投網のような専用の網で絡ませて捕獲することが出来る。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
イカパターン

関西のシーバスつりで重要なベイトのひとつスルメイカについたシーバスを狙う釣り方。 スルメイカなどのイカはミノーのようなきびきびした動きをしないため、シンキングペンシルのようなルアーがメインとなる。 具体名としてはワンダー […]

no image
ティップラン

ティップランとは船からのエギングの新しい釣り方のひとつでエギを沈めずに一定層を水平に探る釣り方のこと。 このエギングでは一般的に船からのエギングに用いられる中重りを使わず、重さのある専用のエギを用いて行なうことが主流とな […]

no image
イソメ

ゴカイやジャリメなどの虫エサの仲間。見た目はミミズのに似ているが側面に短いひれが密集していて海中を泳ぎ回ることが出来る。 海釣りのエサの代表で青イソメは安価。 イソメをえさにして釣れる魚は、ポピュラーな魚でキス・カレイ・ […]

no image
アミ(アミパターン)

アミと呼ばれるエビのようなプランクトンの一種が春から夏にかけ沿岸で大量発生する。近海では体長5ミリほどの小ささで海中を漂う。 南極アミエビはサビキ釣りのコマセによく用いられる。クジラやジンベイザメのような大型の生物の主要 […]

no image
ボラ・イナッコ

ボラの子供をイナッコと呼ぶ。様々なフィッシュイーターのベイトとなる。 ボラはシーバスやブラックバスのベイトとなるが、そのベイトとしての順位は低く、イワシやコノシロ、アジなどのベイトが大量にいる際は見向きもされない。 10 […]