サイトロゴ

ラトル

ルアーの中に音が出るようにするために入れられた玉。

元々はバイブレーションの固定されたウェイトの固定がハズレて音がした時に特によく釣れたため製品にわざと音の出る玉を入れるようになった。

ラトルの種類はガラス・ブラス・プレート・スチールとあり、ガラスはシャラシャラと高い音が出る一世を風靡したラトル。プレートは特殊でサイレントバイブレーションの内部のウェイトが外れた音がコトコトという音になり、これがビッグバスにものすごく効いたため商品化された。他はちょっとした違い。

何故かシーバス釣りにはあまり用いられないが広範囲を釣るには手っ取り早く釣れる。シーバスはスレ易いので誰よりも先に釣りたいとき以外は止めておいたほうが無難。ランガンなら問題ない。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
ダブルフック

ダブルフックとは一本の鋼を曲げて両端が針になった針のことである。 ダブルフックを使用する場面は限られているが、トップウォータープラグをブッシュで使う場合はダブルフックで無いとダメだったり、ボトムを狙う時などはダブルフック […]

no image
ウキ

魚の当たりをみるため、仕掛けを中層に支持するため、思い通りの場所まで仕掛けを流すために用いるアイテム。 棒ウキ 棒ウキの写真 棒状のウキで先端部のみ水面から出る構造で繊細なアタリの出る釣りに向く。ヘラブナ釣りのウキが好例 […]

no image
トレブルフック

トレブルフックとは三つの針を溶接して作られた針で、ルアー用の針は標準的にトレブルフックが使用される。 トレブルフックは以前ダブルフックにシングルフックを溶接したものが多かったため、左右非対称の重さとなり、アメリカ製ルアー […]

no image
トレーラー

ラバージグやスピナーベイトなどに取り付けるワームなどのこと。 ラバージグやスピナーベイト単体ではボリュームが足りない時や、ゆっくりと攻めたい時などに付けるのが一般的ではあるがラバージグに関しては近年トレーラー無しでの使用 […]

no image
偏光レンズ

偏光レンズとはオフィスのブラインドのような構造を持つレンズにより水面からのギラギラ押さえることの出来るレンズのことである。 普通のサングラスのようにただ色つきのメガネというわけではなく、水面からの光だけをカットするので水 […]