サイトロゴ

ラトル

ルアーの中に音が出るようにするために入れられた玉。

元々はバイブレーションの固定されたウェイトの固定がハズレて音がした時に特によく釣れたため製品にわざと音の出る玉を入れるようになった。

ラトルの種類はガラス・ブラス・プレート・スチールとあり、ガラスはシャラシャラと高い音が出る一世を風靡したラトル。プレートは特殊でサイレントバイブレーションの内部のウェイトが外れた音がコトコトという音になり、これがビッグバスにものすごく効いたため商品化された。他はちょっとした違い。

何故かシーバス釣りにはあまり用いられないが広範囲を釣るには手っ取り早く釣れる。シーバスはスレ易いので誰よりも先に釣りたいとき以外は止めておいたほうが無難。ランガンなら問題ない。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
アシストフック

アシストフックというのはメタルジグやワームにあとから付ける針のことである。 アシストフックのメリットはフックを増やすことによるフッキング率の向上でジギングなどではすでに必須アイテムとなっている。 アシストフックの付け方は […]

no image
バーブ(バーブレス)

バーブとは針についている一度刺さると抜けにくくなるかえしのことである。 バーブレスはかえし無しの針のことで、エリアフィッシングなどでは標準的にルールとなっている。 かえしがあれば抜けにくくなるので魚を確実に仕留めるために […]

no image
シンカー(重り)

シンカーとは重りのことで、様々な釣りに対応して様々な種類の物がある。 タングステン・・・もっとも比重が高く、硬度が高い素材。水底の質感が伝わりやすい、早く沈む等のメリットがあるが1オンス(28グラム)で1000円する高級 […]

no image
リーダー(ハリス・ショックリーダー)

リーダーとはPEラインやその他の道糸とルアーをつなぐ時に間に入れるハリスのようなラインのことである。 PEラインなどはルアーと直結すると色がついているので警戒心を与えやすい・フロロカーボンよりも摩擦に弱いため、歯に当ると […]

no image
ハンドポワード

ハンドポワードとはワームを作る際に手作りで素材を溶かし、型に流し込む製造方法。 特徴としては通常の機械での製造よりもばらつきはあるものの柔らかく作ることが出来、シェイクによりなまめかしい動きが出せる。 さらに、色も繊細な […]