サイトロゴ

タコベイト

タコベイトとはその名の通り、タコの形に似たルアーの一種である。

素材は通常のワームと異なり極めて破損しづらい素材。
その為、海でのルアー釣りには非常に良く用いられ、インチクやトローリングなどの釣りにも用いられる。

釣れる魚は海にいる魚全てとも言え、大きさも小さいものはアジやメバルを狙えるものから、カジキマグロを狙うような大きなものまで多種多様。

特に、北海道でのマス・サケ釣りに良く用いられる。
使い方としては、スプーンの後ろに大き目の針を付け、それにタコベイトをつける方法がポピュラー。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
トレーラー

ラバージグやスピナーベイトなどに取り付けるワームなどのこと。 ラバージグやスピナーベイト単体ではボリュームが足りない時や、ゆっくりと攻めたい時などに付けるのが一般的ではあるがラバージグに関しては近年トレーラー無しでの使用 […]

no image
リーダー(ハリス・ショックリーダー)

リーダーとはPEラインやその他の道糸とルアーをつなぐ時に間に入れるハリスのようなラインのことである。 PEラインなどはルアーと直結すると色がついているので警戒心を与えやすい・フロロカーボンよりも摩擦に弱いため、歯に当ると […]

no image
バーブ(バーブレス)

バーブとは針についている一度刺さると抜けにくくなるかえしのことである。 バーブレスはかえし無しの針のことで、エリアフィッシングなどでは標準的にルールとなっている。 かえしがあれば抜けにくくなるので魚を確実に仕留めるために […]

no image
偏光レンズ

偏光レンズとはオフィスのブラインドのような構造を持つレンズにより水面からのギラギラ押さえることの出来るレンズのことである。 普通のサングラスのようにただ色つきのメガネというわけではなく、水面からの光だけをカットするので水 […]

no image
トレブルフック

トレブルフックとは三つの針を溶接して作られた針で、ルアー用の針は標準的にトレブルフックが使用される。 トレブルフックは以前ダブルフックにシングルフックを溶接したものが多かったため、左右非対称の重さとなり、アメリカ製ルアー […]