サイトロゴ

インチク

インチクは鯛ラバなどの日本古来の漁具のひとつ。主に船からの釣りでよく用いられる。

船型や弾丸型のオモリにタコベイトやチューブタイプのワームをつける仕掛け。
こんな感じ。

鯛ラバなどと同じで、メタルジグのような激しい誘いは必要の無い釣り方で、船からそこまで沈めてゆっくり誘いながら巻き上げるだけで釣れる。メタルジグの釣りに反応がなくなった時や腕が疲れてしまったときなどによくやる。

釣れる魚が多彩で、ヒラマサ・ブリなどの青物から、タイ・アコウ・マハタ・ホウボウ・ショウサイフグ・トラフグ・シーバス・ガシラ・・・・・・。本当に何でも釣れる。

最近は岸から投げて使うものも出ている。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
シングルフック

シングルフックとはその名の通り一本針のことだ。 ルアー釣りにおいてシングルフックのメリットはかかった時に1点に力を集中させることが出来るので大型の魚のあごを貫通させる時に重宝する。 他、管理釣り場で魚の体にかかったりしづ […]

no image
偏光レンズ

偏光レンズとはオフィスのブラインドのような構造を持つレンズにより水面からのギラギラ押さえることの出来るレンズのことである。 普通のサングラスのようにただ色つきのメガネというわけではなく、水面からの光だけをカットするので水 […]

no image
アシストフック

アシストフックというのはメタルジグやワームにあとから付ける針のことである。 アシストフックのメリットはフックを増やすことによるフッキング率の向上でジギングなどではすでに必須アイテムとなっている。 アシストフックの付け方は […]

no image
リーダー(ハリス・ショックリーダー)

リーダーとはPEラインやその他の道糸とルアーをつなぐ時に間に入れるハリスのようなラインのことである。 PEラインなどはルアーと直結すると色がついているので警戒心を与えやすい・フロロカーボンよりも摩擦に弱いため、歯に当ると […]

no image
ウキ

魚の当たりをみるため、仕掛けを中層に支持するため、思い通りの場所まで仕掛けを流すために用いるアイテム。 棒ウキ 棒ウキの写真 棒状のウキで先端部のみ水面から出る構造で繊細なアタリの出る釣りに向く。ヘラブナ釣りのウキが好例 […]