サイトロゴ

管釣り

管理釣り場の略。

お金を払うことで養マス場で育てられた魚を釣らせてもらえる場所。
ニジマスがメインのところが多いがイワナ、ブラウントラウト、ブルックトラウト(カワマス)、アマゴ、サクラマス、イトウなどの自然界では中々お目にかかれないようなレアな魚が手軽に釣れる場所。

エサで狙う場合は初心者でも簡単に釣れる(大物は手ごわい)が、ルアーで狙う場合は人気のある管釣りの場合、すれていてそう簡単には釣れない。10センチ単位でルアーの泳ぐ層を変えてゆくといった攻略法が必要でこの難しさが管理釣り場の魅力でもある。

管理釣り場でよく使われるルアーはスプーンで、実績も高いがミノーやクランクでもよく釣れるのでブラックバスタックルで十分。たいていの管理釣り場ではレンタルタックルも用意されているので初心者と釣りに行く場合はこれを利用するのもお勧め。

難しいと言っても放流後は簡単に釣れる時間帯もあるので、何も釣れない冬にどうしても釣りたい時にはここへ行くしかない。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
フライフィッシング

フライフィッシングとは毛ばりを使った釣りで、毛ばりには重さがないため糸の重さを利用して目標地点へ投げる釣り。 フライと呼ばれる毛ばりには様々な種類があり、どれも魚の普段食べているエサに似せて作られている。 ドライフライと […]

no image
バイト

アルバイトやメガバイトなど色々と意味があるが、釣りにおいては英語でかじると言う意味。 その通り魚がルアーをかじることをバイトという。シーバスのバイトチャンスは短く乗らないことも多いのでヒット未満の釣果をバイトと言う単位で […]

no image
ケイムラ

ケイムラとは紫外線により青く発光するカラーのこと。 元々管理釣り場のルアー釣りで火のついたカラーで、ソルトルアー界にも飛び火し、その効果が実証されている。 ケイムラというカラーが効果的な理由として、紫外線は水中で遠くまで […]

no image
スポーニング

スポーニングとは産卵のことで魚は一年に一度もしくは複数回卵を産む。 シーバスの場合は冬に産卵を行なうために海の深いところへ移動する。 大体11月~1月くらいまで海の深いところで過ごした後、2月くらいに戻ってくる。 戻って […]

no image
マズメ(朝マズメ・夕マズメ)

マズメというのは一日で朝と夕方の2回訪れるよくつれる時間帯のことを言う。 日の出と日の入りの前後30分づつくらいのやや光量の落ちた状況で、この時間帯になると魚は急に口を使い出す。ルアー釣りでもこの時間帯は大物が間違いを犯 […]