サイトロゴ

フィーディング

捕食行動のこと。

「フィーディングに入る」や「フィーディングのスポット」などのように使用する。

フィーディングエリアというとそこで捕食する場所のこと。朝はフィーディングエリアで釣りをするなどのように使う言葉。

フィーディングゾーンはフィーディングエリアのように広い範囲ではなく、半径1〜2メートルぐらいの狭い範囲で捕食が起こる場所のことで明暗や障害物の周りなどでしか釣れない時はフィーディングゾーンが決まっているなどの使い方をする。

フィーディングのタイミングは朝夕のマズメ時の他、風が吹いたタイミングや潮の影響がある場合、上げが効いてきたタイミングや下げが効いてきたタイミングなどもある。

ベイトフィッシュが回ってきたタイミングなど全く読めないフィーディングもしばしばある。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
タモ網(ランディングネット)

タモ網とは魚を釣った時に使う網のことである。 管理釣り場で使うランディングネットなどは魚をすくうように使うものであるが、シーバスフィッシングなどで使う3メートル以上あるようなタモ網やエギングのギャフの場合は扱い方が異なる […]

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語である。 ガールとついているものの平均年齢は高く、釣り熟女である場合も多い。 メディアに露出する元グラビアアイドルや元タレン […]

no image
ダウンクロス⇔アップクロス

ダウンクロスとは上流方向から下流方向へルアーを投げて引いてくることでアップクロスは逆に下流から上流に向けてルアーを投げて巻いてくること。 ダウンクロスのメリットは一般的に魚は上流方向へ頭を向けて泳いでいるため、後ろ側から […]

no image
ガルプ

ガルプというのはバークレイ社の開発した生分解性ワームのことで、味付きで集魚効果のある液体がしみ込んでいる。 ニオイで寄せて、味つきなので咥えると離さない。もうエサより釣れるのではないかと思われるほどの実績を生み出している […]

no image
ボイル

水面がモワっとなった様子で何かが捕食しているような状態。 時としてモワッとなったところから小魚が飛び出し、それを追いかけて連続でバシャバシャと激しくボイルすることもある。 シーバスのものならかなりの確率でヒットに持ち込む […]