サイトロゴ

フィーディング

捕食行動のこと。

「フィーディングに入る」や「フィーディングのスポット」などのように使用する。

フィーディングエリアというとそこで捕食する場所のこと。朝はフィーディングエリアで釣りをするなどのように使う言葉。

フィーディングゾーンはフィーディングエリアのように広い範囲ではなく、半径1〜2メートルぐらいの狭い範囲で捕食が起こる場所のことで明暗や障害物の周りなどでしか釣れない時はフィーディングゾーンが決まっているなどの使い方をする。

フィーディングのタイミングは朝夕のマズメ時の他、風が吹いたタイミングや潮の影響がある場合、上げが効いてきたタイミングや下げが効いてきたタイミングなどもある。

ベイトフィッシュが回ってきたタイミングなど全く読めないフィーディングもしばしばある。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
バックラッシュ

ライントラブルのこと。 ベイトリールを使っているとスプールの回転がラインの出るタイミングよりも早くなってしまった場合や、着水と同時にちゃんと指で押さえられなかった時に逆回転によりラインが絡まる。これを俗にバックラッシュと […]

no image
ケイムラ

ケイムラとは紫外線により青く発光するカラーのこと。 元々管理釣り場のルアー釣りで火のついたカラーで、ソルトルアー界にも飛び火し、その効果が実証されている。 ケイムラというカラーが効果的な理由として、紫外線は水中で遠くまで […]

no image
リアクションバイト

リアクションバイトとは反射食いともいい、魚に考える間を与えず、本能のままに食わせるテクニックである。 やり方としてはミノーのトウィッチなど。他にはハネラバというのも有名で、ブラックバスを狙う時、ラバージグをフッキングのと […]

no image
波動

波動とはルアーの起こす水流の乱れのことである。 主に横幅のあるウォブリング系のルアーは波動が強く、アピール力も強く寄せる力も強い。 細いルアー、ローリング系のルアーは非常に波動が微弱。 ブラックバスは大きな波動が大好きで […]

no image
バイト

アルバイトやメガバイトなど色々と意味があるが、釣りにおいては英語でかじると言う意味。 その通り魚がルアーをかじることをバイトという。シーバスのバイトチャンスは短く乗らないことも多いのでヒット未満の釣果をバイトと言う単位で […]