サイトロゴ

バックラッシュ

ライントラブルのこと。

ベイトリールを使っているとスプールの回転がラインの出るタイミングよりも早くなってしまった場合や、着水と同時にちゃんと指で押さえられなかった時に逆回転によりラインが絡まる。これを俗にバックラッシュという。
今ではスピニングリールで糸ヨレが発生してごちゃごちゃになったりすることも同じくバックラッシュという。

防ぎ方はベイトリールの場合は遠心ブレーキ・マグネットブレーキなどのブレーキだけでなく、スプールを直接しめるメカニカルブレーキも締めてスプールを離してもルアーが落ちないくらいにする。これで逆風でもバックラッシュにはならないし、着水時にスプールを抑えなくても大丈夫。ただし、飛距離は犠牲なる。

スピニングの場合は構造的に防ぎづらいが、ナイロンの細い糸を使えば糸ヨレし辛くなる。ただし、非常に切れやすいのでフロロカーボンで細くしなやかなラインを使った方がよい。ただし、値段は高くなる。

昔はモモリとも言った気がするが死語か?

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
出世魚

出世魚とは大きくなるにつれて名前が変わる魚のことを言う。 関東と関西で呼び方が異なるため、同じ魚であっても名前が違うことも良くあるので見極めは難しい。 有名なところとしては、 ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ(関東) ツバス […]

no image
ウォブリング・ローリング

ウォブリングというのはルアーの動き方の名称で、ミノーなどの中心付近を支点としてグネグネとした動きになる。比較的アピールの強いルアー(クランクベイトなど)はこのウォブリングという動きにあたる。 ウォブリングイメージ動画 ロ […]

no image
ケイムラ

ケイムラとは紫外線により青く発光するカラーのこと。 元々管理釣り場のルアー釣りで火のついたカラーで、ソルトルアー界にも飛び火し、その効果が実証されている。 ケイムラというカラーが効果的な理由として、紫外線は水中で遠くまで […]

no image
ボイル

水面がモワっとなった様子で何かが捕食しているような状態。 時としてモワッとなったところから小魚が飛び出し、それを追いかけて連続でバシャバシャと激しくボイルすることもある。 シーバスのものならかなりの確率でヒットに持ち込む […]

no image
ナブラ

イワシなどの小魚が回遊魚などの大型のフィッシュイーターに追われて水面に追い詰められ飛び出している状況のこと。そのような状況に似た場面が湖などで起こった場合はボイルしているとも言う。 水面下では盛んに捕食が行なわれているた […]