サイトロゴ

ケイムラ

ケイムラとは紫外線により青く発光するカラーのこと。

元々管理釣り場のルアー釣りで火のついたカラーで、ソルトルアー界にも飛び火し、その効果が実証されている。

ケイムラというカラーが効果的な理由として、紫外線は水中で遠くまで届くことにより、光が届きにくいエリアでルアーをアピールすることが出来るという特徴があるから。

そして輝き方が青く発光するということにポイントがあり、ベイトフィッシュが水中で光る光り方が青く光るのでまさにその状況と合致しナチュラルに食わせることが出来るということ。

このカラーが効果的になる状況としては光の届きにくいディープエリアや朝夕マズメ、常夜灯周りなど。

マニュキュアタイプのケイムラコートが販売されているのでこれを持っているルアーに塗って効果を試してみるのもいいだろう。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
根掛り

根掛りは針もしくは重りなどが底や障害物に引っかかってしまうことである。 根掛りは釣りをしていると起こる一番ポピュラーなトラブルのひとつである。「地球釣っちゃったよ」「そりゃ大きいね」のやり取りはしばしば釣り場で聞かれるや […]

キャロ

キャロライナリグの略でリーダーをサルカンを使って結ぶ仕掛けのこと。

no image
管釣り

管理釣り場の略。 お金を払うことで養マス場で育てられた魚を釣らせてもらえる場所。 ニジマスがメインのところが多いがイワナ、ブラウントラウト、ブルックトラウト(カワマス)、アマゴ、サクラマス、イトウなどの自然界では中々お目 […]

no image
ガルプ

ガルプというのはバークレイ社の開発した生分解性ワームのことで、味付きで集魚効果のある液体がしみ込んでいる。 ニオイで寄せて、味つきなので咥えると離さない。もうエサより釣れるのではないかと思われるほどの実績を生み出している […]

no image
出世魚

出世魚とは大きくなるにつれて名前が変わる魚のことを言う。 関東と関西で呼び方が異なるため、同じ魚であっても名前が違うことも良くあるので見極めは難しい。 有名なところとしては、 ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ(関東) ツバス […]