サイトロゴ

イトウ

主に北海道に生息する日本最大の淡水魚。サケの仲間。
幻の魚と呼ばれ釣り吉三平では3メートルのイトウが登場と釣り人の憧れの的。

現在は養殖され、全国各地の管理釣り場で釣れる。
釣り方は普通のトラウトと同様にスプーンなどのルアーでも釣れるが阿修羅などのブラックバス用のミノーに実績が高い。

モンゴルやロシアではタイメンと呼ばれ巨大なサイズでもルアーで簡単に釣れるらしい。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
アイナメ

アイナメとは、根魚の一種で最大50センチほどに成長する魚。 釣り方は他の根魚同様、メバリングで釣れたりするがカレイを釣る投げ釣りでかかってくることも有名。 また、東北地方などでテキサスリグを使った大型アイナメのボートゲー […]

no image
キビレ

キビレとはクロダイの仲間で尻ビレと尾びれの一部が黄色をしているので黒鯛とはすぐに見分けがつく。 大阪湾に多く、チヌゲームをしていると真チヌよりもたくさん釣れることがある。汽水を特に好む性質があるため河口などでよく釣れる。 […]

no image
ウグイ

ウグイとはどこの川でも見られる魚の一種。 マルタウグイと呼ばれる50センチほどのウグイはルアーでも良く釣れる。 春などの産卵期には栄養を求めて特によくルアーに反応する。この時期は川の瀬の部分で産卵をするため瀬を狙うと良い […]

no image
タイリクスズキ

タイリクスズキとはその名の通り中国の方に住んでいる種類のスズキのことで、成長すると軽く1メートルを超える大きさになる。 元々日本には、いなかったわけだが四国の方で養殖を行なっていたところに台風が押し寄せ、いけすが崩壊しそ […]

no image
アカエイ

体長1メートルほどまで成長するエイの一種。 東京湾にはかなり多くのアカエイが生息しており、海中を覗いていると頻繁に見かける。 シーバスを狙っていてかかってくることがよくあり、引きはものすごい。運よく寄せることが出来てもタ […]