サイトロゴ

アカエイ

体長1メートルほどまで成長するエイの一種。
東京湾にはかなり多くのアカエイが生息しており、海中を覗いていると頻繁に見かける。

シーバスを狙っていてかかってくることがよくあり、引きはものすごい。運よく寄せることが出来てもタモにおさまらない大きさであることが多いのでランディングは困難。さらに注意しないと毒をもった尾びれのトゲで刺されると病院送りとなる。

河口でのウェーディングをするときに注意しなくてはならない生物であり、踏むと毒針で攻撃してくる。長靴ごとき簡単に貫通するのでエイガードを装備し、踏まないように基本的に海底から足を上げずすり足で歩く。50センチほどの水深でも上がってくるので油断は禁物である。

瀬戸内海などではトビエイというエイがよく見られ海中を何百もの群れで泳ぐ姿を見たりする。このエイも毒があるのでウェーディングには注意が必要。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
タイリクスズキ

タイリクスズキとはその名の通り中国の方に住んでいる種類のスズキのことで、成長すると軽く1メートルを超える大きさになる。 元々日本には、いなかったわけだが四国の方で養殖を行なっていたところに台風が押し寄せ、いけすが崩壊しそ […]

no image
フラットフィッシュ

フラットフィッシュはヒラメやカレイのことを指し、ルアー釣りでは主にヒラメのことをいう。 ヒラメは砂地の海底に潜み、イワシなどの魚に下から襲い掛かる。 砂地の中でも岩が点在するエリアを好む傾向がある。 青物に襲われて死んだ […]

no image
GT(ジャイアントトレバリー)

GT(ジャイアントトレバリー)とはギンガメアジやカスミアジ、ロウニンアジなどの大型のアジのこと。地方名でカッポレなどと呼ばれることもある。 高温域をすみかとし、低水温では生きていけないため釣るには日本では九州の南のほうよ […]

no image
ウグイ

ウグイとはどこの川でも見られる魚の一種。 マルタウグイと呼ばれる50センチほどのウグイはルアーでも良く釣れる。 春などの産卵期には栄養を求めて特によくルアーに反応する。この時期は川の瀬の部分で産卵をするため瀬を狙うと良い […]

no image
オコゼ

危険な魚の代表。10センチほどのすごく小さな魚だが、背びれのトゲは鋭く少し触っただけで突き刺さり毒が回る。 毒が回ると手の指先が刺されただけで手首辺りまでパンパンに腫れ、関節が曲がらないほど。通常3時間ほどジンジンと痛む […]