サイトロゴ

アカエイ

体長1メートルほどまで成長するエイの一種。
東京湾にはかなり多くのアカエイが生息しており、海中を覗いていると頻繁に見かける。

シーバスを狙っていてかかってくることがよくあり、引きはものすごい。運よく寄せることが出来てもタモにおさまらない大きさであることが多いのでランディングは困難。さらに注意しないと毒をもった尾びれのトゲで刺されると病院送りとなる。

河口でのウェーディングをするときに注意しなくてはならない生物であり、踏むと毒針で攻撃してくる。長靴ごとき簡単に貫通するのでエイガードを装備し、踏まないように基本的に海底から足を上げずすり足で歩く。50センチほどの水深でも上がってくるので油断は禁物である。

瀬戸内海などではトビエイというエイがよく見られ海中を何百もの群れで泳ぐ姿を見たりする。このエイも毒があるのでウェーディングには注意が必要。

\SNSでシェアしてね/

関連ページ Similar articles

no image
イトウ

主に北海道に生息する日本最大の淡水魚。サケの仲間。 幻の魚と呼ばれ釣り吉三平では3メートルのイトウが登場と釣り人の憧れの的。 現在は養殖され、全国各地の管理釣り場で釣れる。 釣り方は普通のトラウトと同様にスプーンなどのル […]

no image
キビレ

キビレとはクロダイの仲間で尻ビレと尾びれの一部が黄色をしているので黒鯛とはすぐに見分けがつく。 大阪湾に多く、チヌゲームをしていると真チヌよりもたくさん釣れることがある。汽水を特に好む性質があるため河口などでよく釣れる。 […]

no image
青物(ブルーランナー)

青物とは背中の青い回遊魚のことを指す言葉で、別の言葉でブルーランナーとも呼ばれている。 例としては、ブリ・ヒラマサ・サバ・ツムブリ・カツオ・マグロなどがあげられる。 特徴としては回遊魚なので引きが強く、それなりに強固なタ […]

no image
イワナ

日本固有の渓流魚。最大50センチほどになる肉食魚で普段水底に腹ビレを使って休んでいる。 味は美味。 全国どこの渓流にも生息しているが警戒心が強く簡単には釣れない。毛ばりを使ったフライフィッシングやルアー釣り、川虫・ブドウ […]

no image
オコゼ

危険な魚の代表。10センチほどのすごく小さな魚だが、背びれのトゲは鋭く少し触っただけで突き刺さり毒が回る。 毒が回ると手の指先が刺されただけで手首辺りまでパンパンに腫れ、関節が曲がらないほど。通常3時間ほどジンジンと痛む […]