アシストフック

   

アシストフックというのはメタルジグやワームにあとから付ける針のことである。

アシストフックのメリットはフックを増やすことによるフッキング率の向上でジギングなどではすでに必須アイテムとなっている。

アシストフックの付け方はメタルジグの場合、頭側につける時と元から付いていうる後ろのフックを外しそこにつける場合がある。

基本的にフィッシュイーターは魚を食べる時頭から飲み込むように食うため、フロント(頭)の方にアシストフックをつけるとヒット率が上がる。根が荒いときはリア(後ろ)のフックを外してフロントのみにすると良い。エビと呼ばれるリアフックの糸がらみも防止できる付け方だ。

ただし、フロントのみのアシストフックだと針掛りが異常に悪くなる場合がある。
それがフォールでのバイトだ。
サバなどはフォールに反応をするので、フォールの際にヒット率を向上させるリアフックの存在感が重要となってくる。

 -オフショア, ショアジギング

  関連記事

no image

タコベイト

タコベイトとはその名の通り、タコの形に似たルアーの一種である。 素材は通常のワームと異なり極めて破損

no image

ハングマンズノット

ハングマンズノットは非常に簡単に結ぶことが出来るノットであるにもかかわらず非常に結束強度の強い結び方

no image

スプラッシュ

スプラッシュとは水しぶきのことで、ポッパーと呼ばれるルアーを使って水しぶきを上げることをこう呼ぶ。

no image

鯛カブラ(タイラバ)

鯛カブラとは専用の扁平の丸い重りにラバースカートとネクタイと呼ばれるひらひらのついたルアーで漁具を元

no image

ブレード系(スピンテール)

ブレード系とはスピンテールジグと呼ばれるスプーンのようなものがお尻部分についたルアーの総称である。

no image

ティップラン

ティップランとは船からのエギングの新しい釣り方のひとつでエギを沈めずに一定層を水平に探る釣り方のこと

no image

電車結び

電車結びは非常に簡単なラインの結び方で、とにかく時間が無い時にしょうがなく用いることがあるがおすすめ

no image

ウェーディング

ウェーディングというのは腰まであるゴム長靴をはいて遠浅な干潟や河口、砂浜に立ちこむことである。 遠浅

no image

リトリーブ

リールを巻いてルアーを引っ張ること。 ファスト(速い)、スロー(ゆっくり)、デッドスロー(死ぬほどゆ

no image

インチク

インチクは鯛ラバなどの日本古来の漁具のひとつ。主に船からの釣りでよく用いられる。 船型や弾丸型のオモ

no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ