PEライン

   

PEラインというのはポリエチレンの原糸を4~8本でより合わせて出来たラインが一般的。

特長は伸縮性のなさで、その伸びは約2%でナイロンラインやフロロカーボンラインの20パーセントほどの伸びと比較すると極めて伸びにくい。メリットはアタリの取りやすさ。深海で魚をかけても非常にはっきりとしたアタリになる。ルアーを引いてきても後ろにいる魚を感じるほど感度がよい。

強度もナイロンの4倍以上あり、非常に細いラインを使用することができるため飛距離が必要なショアからのソルトルアーゲームにおいて必需品となっている。

逆にデメリットは、伸びないためにアワセ切れを起こす可能性があり、さらに非常にしなやかでコシのない素材であるため風が吹くとガイドに絡みやすい。絡んだまま投げると伸びないのでルアーだけ千切れて飛んでゆくことになる。PE専用ガイドやK-ガイドのロッドを使用するとトラブルは減る。

他、摩擦熱に弱いため根ズレには注意。ラインが透明ではないため必ずリーダーを付ける必要性がある。

値段はフロロカーボンやナイロンラインと比べるとかなり高価ではあるが、非常に強く、劣化もほとんどないためメンテナンス次第では巻きかえることなく1年ほど使える。そのため、さほどコストパフォーマンス的には悪い。

まれにある、原糸をより合わせずに樹脂で固めただけのものは非常に安いがすぐにダメになる。

一般的に
シーバスフィッシングで使うPEラインの号数は0.8号から1.5号程度。
アオリイカ釣りでは0.6号から1.5号。
ヒラメ釣りでは0.8号から1.5号。
大物狙いのショアジギングでは3号から4号。
オフショアのシイラゲームなどでは2号から3号。キハダゲームでは4号前後。GTゲームでは6号以上を使用する。

 -エギング, オフショア, クロダイ, ショアジギング, シーバス, タックル

  関連記事

no image

イカパターン

関西のシーバスつりで重要なベイトのひとつスルメイカについたシーバスを狙う釣り方。 スルメイカなどのイ

no image

ドッグウォーク

釣り用語でドッグウォークはペンシルベイトなどのルアーを使用する時に与えるロッド操作によるアクションの

no image

オクトパッシング(タコエギ)

ルアーを使ったタコ釣りのこと。 エギングでタコが釣れるので専用のエギを売るためにオクトパッシングと言

no image

電車結び

電車結びは非常に簡単なラインの結び方で、とにかく時間が無い時にしょうがなく用いることがあるがおすすめ

no image

バーブ(バーブレス)

バーブとは針についている一度刺さると抜けにくくなるかえしのことである。 バーブレスはかえし無しの針の

no image

サーモクライン

サーモクラインとは夏などに温められた水が表層にたまり、冷たい底の水と明確な温度差が生まれる場所がある

no image

鮎(アユパターン)

アユとは河口で生まれ川を遡り成長し、産卵のためにまた河口へ戻る1年魚のことで、清流にしか住めない魚。

no image

デッドスティッキング

デッドスティッキングとはその名の通り死んだ魚のように動かさない釣り方。 動かさない方が釣れる時がある

no image

シングルフック

シングルフックとはその名の通り一本針のことだ。 ルアー釣りにおいてシングルフックのメリットはかかった

no image

シンキング

シンキングというのはフローティングの反対で沈むルアーのことである。 カウントダウンというメソッドが使

no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ