シンキング

   

シンキングというのはフローティングの反対で沈むルアーのことである。

カウントダウンというメソッドが使えるのがこのルアーの特徴で、水深のあるエリアなどでは有効である。
カウントダウンというのは底まで沈むのに何秒かかるかを数えておき、仮に43秒かかったとして、その水深が20メートルの場合10メートル付近を攻めたければ単純に21.5秒沈めた状態でリールを巻き始めればよいということだ。10秒しか沈めなかった場合は約5メートル付近を狙うことが出来る。
countdown

カウントダウンメソッドだけが重要なわけではなく、シンキングの方がフローティングよりも重量があるため、飛距離が稼げることや、重量があるためフローティングのルアーよりも落ち着いた動きになるなどの特長があるので同じルアーでもフローティングバージョンとシンキングを使い分けることで釣果を伸ばすことが出来る。

 -シーバス, トラウト, ブラックバス

  関連記事

no image

リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image

ブレード系(スピンテール)

ブレード系とはスピンテールジグと呼ばれるスプーンのようなものがお尻部分についたルアーの総称である。

no image

リップレスベイト

リップレスベイトとはその名の通り、リップ(唇)の無いルアーである。 リップというのはルアーを潜らせる

no image

ボラ・イナッコ

ボラの子供をイナッコと呼ぶ。様々なフィッシュイーターのベイトとなる。 ボラはシーバスやブラックバスの

no image

シャッド

シャッドとはアメリカで一般的な魚種名から付いたルアーの名称。 主にリップ(透明な水を受けるパーツ)が

no image

鮎(アユパターン)

アユとは河口で生まれ川を遡り成長し、産卵のためにまた河口へ戻る1年魚のことで、清流にしか住めない魚。

no image

シングルフック

シングルフックとはその名の通り一本針のことだ。 ルアー釣りにおいてシングルフックのメリットはかかった

no image

ハンドポワード

ハンドポワードとはワームを作る際に手作りで素材を溶かし、型に流し込む製造方法。 特徴としては通常の機

no image

ダブルフック

ダブルフックとは一本の鋼を曲げて両端が針になった針のことである。 ダブルフックを使用する場面は限られ

no image

バックラッシュ

ライントラブルのこと。 ベイトリールを使っているとスプールの回転がラインの出るタイミングよりも早くな

PREV
イワシ
NEXT
ミオ筋
no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ