リーダー(ハリス・ショックリーダー)

   

リーダーとはPEラインやその他の道糸とルアーをつなぐ時に間に入れるハリスのようなラインのことである。

PEラインなどはルアーと直結すると色がついているので警戒心を与えやすい・フロロカーボンよりも摩擦に弱いため、歯に当るとすぐに切れるなどのデメリットを解消するために用いる。

リーダーの使い方としては、シーバスやショアジギングなどのリーダーはFGノットやSFノットと呼ばれる摩擦系の結び方で結ぶとガイドに結び目が当らないのでトラブルが少ない。

その中でもノーネームノットとも呼ばれる8の字グルグルノットは初心者でも抜けにくい結び目が簡単に出来るのでおすすめである。

リーダーの長さは釣れる魚の全長と同じくらいあれば十分と言われているが、根が荒い状況などでは1ヒロほどあるとやり取りがしやすい。

リーダーの素材は色々とあるが、細いもの(5~8ポンド)はフロロカーボンで太いものはナイロン(20ポンド~)を使うと思っておけば間違いない。
摩擦系でフロロカーボンを使うと非常に抜けやすいので気をつける。

リーダー入門はこちら

 -エギング, オフショア, ショアジギング, シーバス

  関連記事

no image

リアクションバイト

リアクションバイトとは反射食いともいい、魚に考える間を与えず、本能のままに食わせるテクニックである。

no image

ボディーウォーター

湖など止水のように見える場所でも流れはある。その流れの本流をボディーウォーターと呼ぶ。琵琶湖では湖流

no image

スポーニング

スポーニングとは産卵のことで魚は一年に一度もしくは複数回卵を産む。 シーバスの場合は冬に産卵を行なう

no image

タモ網(ランディングネット)

タモ網とは魚を釣った時に使う網のことである。 管理釣り場で使うランディングネットなどは魚をすくうよう

no image

タコベイト

タコベイトとはその名の通り、タコの形に似たルアーの一種である。 素材は通常のワームと異なり極めて破損

no image

トローリング

船を動かしルアーを引く釣り。 カジキマグロ釣りなど超広範囲を効率的に釣るには適する。 海の場合は巨大

no image

ドッグウォーク

釣り用語でドッグウォークはペンシルベイトなどのルアーを使用する時に与えるロッド操作によるアクションの

no image

鉄板系(テッパン)

鉄板系とはメタルバイブレーションの総称である。 代表的なルアーとしてシーバス釣りではコアマン・アイア

no image

イイダコ

マダコより小さいタコ。バター焼きが極めてうまい。 釣り方はタコと似ていて小さなエギなどが有効。底付近

no image

SFノット

SFノットはPEラインとリーダーを結ぶノットの名前で人気があるノットだ。 特長として強度はFGノット

no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ