リフトアンドフォール

   

リフト→上げる、フォール→下げる

この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニック。
フォールが伴うので、基本的に沈むルアー限定のテクニック。よく使うルアーはワームやバイブレーションなど。

ルアー釣りのテクニックの基礎の基礎の一つといえるテクニックで初心者にもおすすめのメソッドである。

スポンサーリンク

リフトアンドフォールにも色々とあって、ちょっとだけリフトしてちょっとだけ落とすとか加減してやると幅が広がる。
リフトは竿だけでなくリールを巻くことでも出来、フォールも竿を立てながらリールを止めてルアーを沈めることで緩やかなカーブでフォールさせることも出来るし、ラインをフリーにして直角に落とすフォールも出来る。色々なフォールを試すのがいい。

リフトアンドフォールで気をつけたいことは、水中をイメージしながら動かすこと。

地形が大きく変わるところではその地形に合わせてリフトアンドフォールさせることで何も考えずにリフトアンドフォールさせるよりも何倍も効率よくその場所を攻めることが出来ると言える。

地形がかけ上がりになっているところではリフトを大きくさせてかけ上がりにいるであろう魚に大きくアピールする。

どういう時によくリフトアンドフォールを使うかというと、魚が横の動きに反応しない時である。
時々リフトアンドフォールという、縦に移動する動きに非常によく反応する時がある。そういう時はうまくはまると非常によく釣れる。食ってくるタイミングはリフト中だったり、リフトからフォールに変わった瞬間だったり、フォール中だったり、着底した瞬間だったり。
フォール中食ってくることは結構多いのでこのアタリを取れれば釣果はかなり増える。

ターゲットとしてはシーバス、ブラックバスをはじめとした全てのフィッシュイーターに有効なテクニックである。

 -エギング, オフショア, クロダイ, ショアジギング, シーバス, トラウト, ブラックバス, メバリング

  関連記事

no image

ドッグウォーク

釣り用語でドッグウォークはペンシルベイトなどのルアーを使用する時に与えるロッド操作によるアクションの

no image

ハングマンズノット

ハングマンズノットは非常に簡単に結ぶことが出来るノットであるにもかかわらず非常に結束強度の強い結び方

no image

リップラップ

リップラップというのは捨て石のある場所のことで、日本語で言うとゴロタ場といえる。 リップラップは適度

no image

ハンドポワード

ハンドポワードとはワームを作る際に手作りで素材を溶かし、型に流し込む製造方法。 特徴としては通常の機

no image

ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ

no image

管釣り

管理釣り場の略。 お金を払うことで養マス場で育てられた魚を釣らせてもらえる場所。 ニジマスがメインの

no image

ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image

バックラッシュ

ライントラブルのこと。 ベイトリールを使っているとスプールの回転がラインの出るタイミングよりも早くな

no image

テクトロ

テクトロとはテクテクトローリングの略で、水深のある護岸沿いにルアーを投げてリールを巻かずに歩いてルア

no image

PEライン

PEラインというのはポリエチレンの原糸を4~8本でより合わせて出来たラインが一般的。 特長は伸縮性の

no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ