ルアーフィッシングを中心に様々な釣り用語を解説するサイトです。

釣り用語集 by 釣活

シーバス ブラックバス

ボディーウォーター

湖など止水のように見える場所でも流れはある。その流れの本流をボディーウォーターと呼ぶ。琵琶湖では湖流と呼ばれ、釣りをする上での重要なファクターとなる。

ボディーウォーターによる流れは活性をあげるため流れが当るエリアは魚が回遊しやすい。
夏にボディーウォーターがなくなるとそのエリアから魚が消え、非常に釣りにくくなる事がある。その為ボディーウォーターの情報は夏から秋にかけて非常に重要。琵琶湖の場合、湖流の情報は瀬田の洗堰の放水量をチェックしておくと良い。

ボディーウォーターが発生している場所は湖底の地形が重要で、ダム湖などの場合はリバーチャンネルと呼ばれる昔川が流れていた場所をボディーウォーターが流れている。

流れが起こるとなぜ活性が上がるかというと魚が皆同じ方向に向かって泳ぐから。
フィッシュイーターにとって魚がどちらの方向に逃げるかは流れによってかなり予想できるようになるため流れの中にいる魚は食い気があるのだ。
逆に流れがなくなると嘘のように沈黙する。

-シーバス, ブラックバス

Copyright© 釣り用語集 by 釣活 , 2018 AllRights Reserved.