サーモクライン

   

サーモクラインとは夏などに温められた水が表層にたまり、冷たい底の水と明確な温度差が生まれる場所がある。それをサーモクラインと呼ぶ。

暑いのは魚にとって過ごしづらい場所となる。だからと言って下の水は過ごしやすいかというと酸素量が少なく過ごしづらい。その為、魚は酸素量が多く過ごしやすい冷たい水のエリアに定位する。その場所がサーモクラインなのだ。その為サーモクラインを重点的に狙うことで釣果を増やすことが出来る。

サーモクラインの場所は状況によって違うが、1.5メートルから6メートル付近。
中層を重点的に攻めることの出来るクランクベイトや、ジグヘッドのワームのドラッキング、ミドストローリングなどで攻略する。

一度ダムで泳いで見るとわかるが本当に表層の温かい水25度くらいと下の水15度ぐらいの明確な温度差はすごいと思う。

海や河口でもサーモクラインは発生して、この場合温度差と塩分濃度により、上の水と下の水が混ざり合わず境がくっきりと存在する状態になる。
水中映像を見ればわかると思うが、塩分濃度の濃いエリアにフィッシュイーターたちは定位し、上の水の中を泳ぐベイトを捕食する。この境目は一種の身を潜めるストラクチャーとなるのだろう。

 -シーバス, ブラックバス

  関連記事

no image

ドッグウォーク

釣り用語でドッグウォークはペンシルベイトなどのルアーを使用する時に与えるロッド操作によるアクションの

no image

青潮

青潮とはプランクトンが発生しすぎ、水中の酸素が消費されすぎた結果、無酸素状態となり発生した硫黄化合物

no image

リップラップ

リップラップというのは捨て石のある場所のことで、日本語で言うとゴロタ場といえる。 リップラップは適度

no image

SFノット

SFノットはPEラインとリーダーを結ぶノットの名前で人気があるノットだ。 特長として強度はFGノット

no image

ボイル

水面がモワっとなった様子で何かが捕食しているような状態。 時としてモワッとなったところから小魚が飛び

no image

ハンドポワード

ハンドポワードとはワームを作る際に手作りで素材を溶かし、型に流し込む製造方法。 特徴としては通常の機

no image

ブレード系(スピンテール)

ブレード系とはスピンテールジグと呼ばれるスプーンのようなものがお尻部分についたルアーの総称である。

no image

ボガグリップ

ボガグリップとは歯のすごい魚や口が小さかったりで持ちづらい魚などを確実につかむための道具である。 ボ

no image

カレント

流れのこと。 流れは速い部分と遅い部分がありこの境目がヒットポイントとなる。 特に反転流は魚を貯める

no image

ハングマンズノット

ハングマンズノットは非常に簡単に結ぶことが出来るノットであるにもかかわらず非常に結束強度の強い結び方

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ