ルアーフィッシングを中心に様々な釣り用語を解説するサイトです。

釣り用語集 by 釣活

オフショア

GT(ジャイアントトレバリー)

GT(ジャイアントトレバリー)とはギンガメアジやカスミアジ、ロウニンアジなどの大型のアジのこと。地方名でカッポレなどと呼ばれることもある。
高温域をすみかとし、低水温では生きていけないため釣るには日本では九州の南のほうより南まで行く必要がある。
引きは非常に強いため釣り人からは人気となっている。主にオフショアからの釣りとなるが、一部の地域では岸からメーター級のGTを釣ることができる。

小型はメッキ、エバなどと呼ばれ、関東地方にも秋などに黒潮に乗ってやってくるが、死滅回遊魚と呼ばれ冬を越すものはいない。ただし、東京湾の温排水などで生き延びるものもおり、最大で7~80センチにまで成長する。

釣り方としては大型のものはトップウォーターで釣るのが一般的で、ポッパーにど派手に飛び出す姿がエキサイティング!
タックルはシーバス用のタックルなど50センチクラスのメッキですら歯が立たないほどの引きで、10キロ級のものを釣るためには専用のものが必須となる。リールもソルティガクラスが必要不可欠となるため敷居の高い釣りとなるがファンも多い。

国内で釣れる場所は種子島、屋久島、沖縄近辺の島でそう簡単には釣れないため、国内GTは幻とさえ言われる。海外まで行けば数も多く、場所によっては管理釣り場もあるため釣りやすい。

小型のメッキはミノーなどでよく釣れる。

-オフショア
-,

Copyright© 釣り用語集 by 釣活 , 2018 AllRights Reserved.