ベイトフィネス

   

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。

ベイトリールは通常そのトルクフルな巻きから重いルアーを投げるものであった。さらに昔はリールの性能があまり良くなく、小さな軽いルアーはほとんど飛ばなかった。だが、今は超超ジュラルミンの浅溝スプールなどものすごく発達したため、小さな軽いルアーが飛ぶようになった。そのため、ベイトフィネスというものが産まれたのである。

ベイトフィネスの利点。
ベイトフィネスの利点はスピニングタックルで起こりがちな糸よれが発生しづらいため、スピニングリールのように3ポンドというレベルのラインの細さまで下げる必要がない。6~8ポンドというやや太目のラインで軽いルアーを投げるということが可能なのでそれなりに根の粗い場所でも攻めることが出来る。だから、これまで取れなかった魚を取ることが出来るようになるのである。

ベイトフィネスが活躍する場所はブラックバス界だけではない、海がベストフィールド。それなりに大き目の根魚を狙うにはパワーのあるタックルが必要であり、ちょうどベイトフィネスが活躍する。ガシラやアコウ、アイナメなどベイトフィネスでテキサスリグを使ってみるといいと思う。

 -オフショア, ブラックバス

  関連記事

no image

バイト

アルバイトやメガバイトなど色々と意味があるが、釣りにおいては英語でかじると言う意味。 その通り魚がル

no image

ターンオーバー

ルアー釣りにおいてターンオーバーとは秋などに起こる、底の水と表層の水が入れ替わる現象のことを言う。

no image

トレブルフック

トレブルフックとは三つの針を溶接して作られた針で、ルアー用の針は標準的にトレブルフックが使用される。

no image

ナブラ

イワシなどの小魚が回遊魚などの大型のフィッシュイーターに追われて水面に追い詰められ飛び出している状況

no image

スイムベイト

スイムベイトとはルアーの一種で、ボディーがソフト素材で出来た大型のものをさす。 タロンという名前のル

no image

リーダー(ハリス・ショックリーダー)

リーダーとはPEラインやその他の道糸とルアーをつなぐ時に間に入れるハリスのようなラインのことである。

no image

SFノット

SFノットはPEラインとリーダーを結ぶノットの名前で人気があるノットだ。 特長として強度はFGノット

no image

ダブルフック

ダブルフックとは一本の鋼を曲げて両端が針になった針のことである。 ダブルフックを使用する場面は限られ

no image

ミノー

ミノーとは潜るための透明なベロのようなパーツの付いた細長いルアーの総称である。魚にもっとも近い形であ

no image

ノーネームノット

ノーネームノットは8の字ぐるぐるノットとも呼ばれるPEラインとリーダーを結ぶノットの名前で誰にでも簡

PREV
エビる
NEXT
ダート
no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ