ベイトフィネス

   

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。

ベイトリールは通常そのトルクフルな巻きから重いルアーを投げるものであった。さらに昔はリールの性能があまり良くなく、小さな軽いルアーはほとんど飛ばなかった。だが、今は超超ジュラルミンの浅溝スプールなどものすごく発達したため、小さな軽いルアーが飛ぶようになった。そのため、ベイトフィネスというものが産まれたのである。

ベイトフィネスの利点。
ベイトフィネスの利点はスピニングタックルで起こりがちな糸よれが発生しづらいため、スピニングリールのように3ポンドというレベルのラインの細さまで下げる必要がない。6~8ポンドというやや太目のラインで軽いルアーを投げるということが可能なのでそれなりに根の粗い場所でも攻めることが出来る。だから、これまで取れなかった魚を取ることが出来るようになるのである。

ベイトフィネスが活躍する場所はブラックバス界だけではない、海がベストフィールド。それなりに大き目の根魚を狙うにはパワーのあるタックルが必要であり、ちょうどベイトフィネスが活躍する。ガシラやアコウ、アイナメなどベイトフィネスでテキサスリグを使ってみるといいと思う。

 -オフショア, ブラックバス

  関連記事

no image

サーモクライン

サーモクラインとは夏などに温められた水が表層にたまり、冷たい底の水と明確な温度差が生まれる場所がある

no image

リップラップ

リップラップというのは捨て石のある場所のことで、日本語で言うとゴロタ場といえる。 リップラップは適度

no image

トローリング

船を動かしルアーを引く釣り。 カジキマグロ釣りなど超広範囲を効率的に釣るには適する。 海の場合は巨大

no image

ミノー

ミノーとは潜るための透明なベロのようなパーツの付いた細長いルアーの総称である。魚にもっとも近い形であ

no image

ティップラン

ティップランとは船からのエギングの新しい釣り方のひとつでエギを沈めずに一定層を水平に探る釣り方のこと

no image

ライズ

ライズとは捕食の勢い余って魚の体が水面から飛び出すような状況のこと。 フライフィッシングをしていると

no image

ハンドポワード

ハンドポワードとはワームを作る際に手作りで素材を溶かし、型に流し込む製造方法。 特徴としては通常の機

no image

デッドスティッキング

デッドスティッキングとはその名の通り死んだ魚のように動かさない釣り方。 動かさない方が釣れる時がある

no image

リーダー(ハリス・ショックリーダー)

リーダーとはPEラインやその他の道糸とルアーをつなぐ時に間に入れるハリスのようなラインのことである。

no image

リアクションバイト

リアクションバイトとは反射食いともいい、魚に考える間を与えず、本能のままに食わせるテクニックである。

PREV
エビる
NEXT
ダート
no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ