ベイトフィネス

   

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。

ベイトリールは通常そのトルクフルな巻きから重いルアーを投げるものであった。さらに昔はリールの性能があまり良くなく、小さな軽いルアーはほとんど飛ばなかった。だが、今は超超ジュラルミンの浅溝スプールなどものすごく発達したため、小さな軽いルアーが飛ぶようになった。そのため、ベイトフィネスというものが産まれたのである。

ベイトフィネスの利点。
ベイトフィネスの利点はスピニングタックルで起こりがちな糸よれが発生しづらいため、スピニングリールのように3ポンドというレベルのラインの細さまで下げる必要がない。6~8ポンドというやや太目のラインで軽いルアーを投げるということが可能なのでそれなりに根の粗い場所でも攻めることが出来る。だから、これまで取れなかった魚を取ることが出来るようになるのである。

ベイトフィネスが活躍する場所はブラックバス界だけではない、海がベストフィールド。それなりに大き目の根魚を狙うにはパワーのあるタックルが必要であり、ちょうどベイトフィネスが活躍する。ガシラやアコウ、アイナメなどベイトフィネスでテキサスリグを使ってみるといいと思う。

 -オフショア, ブラックバス

  関連記事

no image

ボガグリップ

ボガグリップとは歯のすごい魚や口が小さかったりで持ちづらい魚などを確実につかむための道具である。 ボ

no image

ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image

ハンドポワード

ハンドポワードとはワームを作る際に手作りで素材を溶かし、型に流し込む製造方法。 特徴としては通常の機

no image

ボディーウォーター

湖など止水のように見える場所でも流れはある。その流れの本流をボディーウォーターと呼ぶ。琵琶湖では湖流

no image

ライズ

ライズとは捕食の勢い余って魚の体が水面から飛び出すような状況のこと。 フライフィッシングをしていると

no image

ボラ・イナッコ

ボラの子供をイナッコと呼ぶ。様々なフィッシュイーターのベイトとなる。 ボラはシーバスやブラックバスの

no image

ティップラン

ティップランとは船からのエギングの新しい釣り方のひとつでエギを沈めずに一定層を水平に探る釣り方のこと

no image

ラトル

ルアーの中に音が出るようにするために入れられた玉。 元々はバイブレーションの固定されたウェイトの固定

no image

シャッド

シャッドとはアメリカで一般的な魚種名から付いたルアーの名称。 主にリップ(透明な水を受けるパーツ)が

no image

リトリーブ

リールを巻いてルアーを引っ張ること。 ファスト(速い)、スロー(ゆっくり)、デッドスロー(死ぬほどゆ

PREV
エビる
NEXT
ダート
no image
トルザイト

2013年に発表されたロッドのガイドのリングに使う新素材。 長い間ガイド素材として固く、熱伝導率がよ

no image
釣りガール

釣りガールと言うのは釣りをする女性のことで山ガールがヒットして味をしめたメディアの作り出した造語であ

no image
リフトアンドフォール

リフト→上げる、フォール→下げる この名の通り竿を立ててリフトしたり竿を寝かせてフォールさせるテクニ

no image
ダート

ダートはダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことである。 ダートを起こす

no image
ベイトフィネス

ベイトフィネスとは、ベイトタックルでスピニングタックルで使うような軽いルアーを投げることを言う。 ベ